ホームページを自作しよう≪JoyWave便利箱≫
ジョイのHTML勉強 ホームページを自作しよう≪JoyWave便利箱≫
ジョイのHTMLソース勉強部屋
制作:ジョイ@関西

 トップ | ホームページを素早く作るために ≪その1≫ | ≪その2≫ | ≪その3≫ | ≪その4≫

素早くホームページを作るためには・・・・その1

htmlのソースを構成するのが「要素」になり、要素はほとんど「タグ」の書式で書かれています。

ページのソース


◇この「ソース」を作ることでページを見ることができるのですが、上画像のようなソースをいきなり書くことは無理です。
また、見ただけで「できない」とあきらめる方がほとんどだと思います。
だれでも簡単に書くことができないので、もっと簡単に作れるビルダーなどのソフトがあるのです。

まったくの初心者の方が、このページを読んでいきなり作るのは難しいと思います。
素早く作りたい方も、一度はソフトを使って作ってみてください。ページを作ることに何となく慣れてください。
その後で、このページからソース、タグを勉強されると判りやすいと思います。


◇と言っても最初は難しいので、用意してある「KIHON.txt」を使ってください。
KIHON.txt」には、<head>〜</head> 間にメタタグ(<meta content=〜)も入れています。

上の「KIHON.txt」をクリックし開いたら、「表示」→「ソース」で開くとメモ帳が立ち上がります。
メモ帳の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックし、「保存する場所」を決め、 「ファイルの種類」を「すべてのファイル」にして別の名前(半角英数)で保存します。
トップページでしたら「index.html」(半角)と名前を付けます。
必ず拡張子「.html」(半角)を付けてください。

もし上の「KIHON.txt」をクリックしてソースが表示されたら、そのページをメモ帳にコピペしてください。
(コピペとは、コピー&ペースト、コピーして貼り付けることを指します)
メモ帳はパソコンの「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」にあります。

◇初めて作る場合は新しいフォルダーを用意して、その中に保存するといいです。
今回は「exe(半角文字)」というフォルダーを作り、その中に「index.html」で保存します。
これから作っていくページや画像・写真はすべてこのフォルダー「exe」の中に入れていきます。
exe・・・・exercise(練習)の略のつもりです。

フォルダーはどうやって作るの?

  1. 「マイ コンピュータ」を開き、ローカルディスク(D)を右クリックし、「プロパティ」で空き領域を調べます。
  2. ローカルディスク(D)の空き領域が大きければ(1GB以上で、もっと大きい方がいい)ローカルディスク(D)を開き、 空いている場所で右クリック→「新規作成」→「フォルダー」を選ぶと「新しいフォルダ」ができるので、 名前を半角英数小文字で「exe」にすれば、フォルダー「exe」ができます。
  3. ローカルディスク(D)がないとき、または空き領域が小さいときは、「マイドキュメント」などに作ります。

◇保存したものをダブルクリックで開くとインターネットエクスプローラ(ブラウザ)が立ち上がり、 画面には横線と「Copyright・・・・」が書かれていると思います。

また、保存したものを右クリックして「プログラムから開く」→「Notepad」をクリックするとメモ帳が開きます。
このメモ帳にタグを書き込んで編集していきます。

※フォルダーを開いてもファイル名の拡張子が表示されない設定になっている場合、 ソースに入力するとき必ず拡張子まで必要なので、拡張子を表示するように設定変更してください。
方法は、どのフォルダーでもよいので開いて、「ツール」→「フォルダーオプション」→「表示」タブ→ 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→「すべてのフォルダーに適用」→「OK」で完了です。
拡張子が表示されていることを確認してください。

メモ帳以外のテキストエディターを持っている場合、それで開いても構いません。
ホームページビルダーなどの制作ソフトを持っている場合、「HTMLソース」タブを開いてメモ帳のように使えます。


このページの先頭へ


 トップ | ホームページを素早く作るために ≪その1≫ | ≪その2≫ | ≪その3≫ | ≪その4≫

Copyright(C) 2005 ホームページを自作しよう≪JoyWave便利箱≫ All Rights Reserved.